非常食の提供


こんにちは みがわ 栄養科です。


9月1日、防災の日に非常食のα化米を昼食に提供しました。


今回はお湯で調理しましたが、非常時にお湯が用意できない場合は、

水でも調理可能です。(出来上がるまでに時間がかかりますが。)


規定通りのお湯を入れて調理したところ、ややパサつきが気になりました。

次回は、お湯の量を少し多くしてみようと思います。



手順

①α化米に熱湯を注いで、混ぜる。






②袋の口を閉じて15分待つ。





③袋を開けて混ぜて、完成です。