イメージ画像

白内障について

クエスチョン アイコン

白内障とは?

眼の構造はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体(すいしょうたい)です。 本来透明な水晶体という組織が濁ってしまい、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射したりして、網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

正常な眼球、白内障の眼球

白内障の原因

白内障の原因で最も多いのは加齢によって起こる、『加齢性白内障』です。加齢とともに、水晶体は少しずつ混濁してきます。水晶体が混濁した状態を白内障とすると、40代では40%、50代では60%、60代では80%、70代では90%、90代では100%の白内障患者がいるとされています。加齢以外の原因では糖尿病、外傷、アトピー、ステロイド、先天性等の二次的な要因によって起こる白内障もあります。

白内障の主な症状

白内障の症状は水晶体の濁り方に個人差があるため様々ですが、以下のような症状が主に現れます。

 

  1. 視力低下(かすんでみえる)   

  2. 明るいところで見えにくい、対向車のライトがまぶしい

  3. 二重、三重に見える

 
白内障の進行度は必ずしも両眼が同程度ではなく、左右差がある場合も少なくありません。

白内障の原因 イメージ画像

かすみ目

ものがかすんで見える。

コントラスト感度低下

色の濃淡や明暗のはっきりしないものが見えにくくなる。

聴診器 アイコン

治療とケアのポイント

白内障が進行し、日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。 視力が低下して、日常生活や仕事に支障が出たり、運転免許の更新が心配な場合には手術を考えた方が良いかもしれません。

もやもやがかかって見える、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなります。

気になる症状があれば、お気軽にご相談下さい。

当院では、白内障手術希望の患者様はもちろん、とりあえず白内障の程度が気になる、最近何となく見づらい、まぶしい感じがする、最近眼鏡が合わない・・・等、気になる症状があれば、お気軽にご相談下さい。